100年前から育て、守ってきた「くじゅう九電の森」で森を学ぶ

「くじゅう九電の森」とは

九州電力㈱が社有林として管理する広さ約4,100ヘクタール(ヤフオクドーム約580個分)の広大な森。元々、水力発電のための水を安定的に供給することを目的とした「水源涵養林」として整備されましたが、伐採した木は電柱の材料としても利用してきました。
現在も美しく管理されている「くじゅう九電の森」は、豊かな生態系や水を育む森の役割を果たすのはもちろん、環境教育や林業を志す人材を育む場所としても活用されています。

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

「くじゅう九電の森」で森を学ぶ「くじゅう九電の森」で森を学ぶ

森の講話(20 分)

森の中の教室で、地球温暖化の現状や森の役割について、わかりやすくご説明します。小学生から高校生まで、各年代に合わせた内容で実施することが可能です。
また、森の役割の一つである「水を蓄える」機能を、実際に目で見て理解を深めるプログラム「土壌透水実験」等も実施できます。

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

林業体験(60~90 分)

普段は体験することのできない「森の仕事」を体験することができます。間伐や枝打ち、植樹などの林業のことを学ぶプログラムを準備しています。
間伐は、見学するだけでも、十分にその必要性を感じることができますし、大木が倒れる瞬間は、大人でも思わず歓声をあげてしまうほどの迫力があります。

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

森の散策と森の工作(60~90分)

手入れされた森の中を散策し、様々な植物と出会っていくことで、森が豊かな自然を育んでいることに気付きます。また、樹木の太さや高さ等を調べることで、1本の木が吸収する二酸化炭素の量を計算するプログラムも準備しています。
森の間伐材を活用した「森の工作」では、えんぴつや木の黒板をつくり、一日の思い出と一緒に木のぬくもりを持ち帰ることが出来ます。

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

くじゅう九電の森 環境教育

~子どもたちの「自然を大切にする心」を育んでいます~